脱毛なぜ痛い?

脱毛が痛い理由と、その痛みを少しでも抑える方法とは!?

ムダ毛を綺麗にしたい人が特に気にされる事が、脱毛時の痛みについてです。自身の毛を1本引っ張ってみれば分かりますが、毛を抜かなくても引っ張るだけで傷みを感じることが出来ます。ですから、脱毛となればそれよりも強い痛みになってきます。
また、なぜ脱毛は痛いのかというと、それは周辺に神経があるからです。特に毛が太くなればなるほどその痛みは強くなると言われています。腕の毛を一本抜くよりも、ヒゲを抜く傷みの方が強かったりします。
このように痛みを伴うのが脱毛ですので、脱毛をしたいという気持ちがあっても、実際には出来ない方も多いです。ただ、現在はその痛みを少なくできる、脱毛方法がありますので、傷みが苦手な方はその脱毛方法を知りましょう。

やり方を変えるだけで痛くない!?

脱毛はやり方を変えると痛みを抑えることが出来ます。例えば、お店で脱毛をする場合、ニードルを使う脱毛よりもレーザー脱毛のほうが痛みは弱くなります。 ニードル脱毛は、毛抜きで抜く痛みに近い程度で痛い場合も多く、傷みが苦手な方はその痛みに慣れるまでに苦労することもあります。一方レーザー脱毛は、脱毛の中でも比較的痛みが少ない方法と言われ、一度の広範囲の処理が出来る為、痛みを我慢する時間も短い脱毛方法です。 また、レーザー脱毛よりももっと痛みが少ない光脱毛も最近は人気があります。脱毛をしたいと言う方はやり方を変えるだけで痛みを大幅に抑えられますので、痛く無い脱毛をしたいならやり方を変えていくのがオススメです。